休店日

東葛ホールディングスは千葉県に新車販売9店舗・中古車販売3店舗で展開する
Honda Cars 東葛の持ち株会社です。

Honda Cars 東葛 (ホンダカーズ東葛)

ホーム店舗情報流山店からのお知らせ

流山店からのお知らせ

188件中 1 - 5件目 を表示中 次の5件

最高の1台
2022/01/20

戦う整備士こと、拳痔軍曹です。

今回は趣味のカメラネタです。

Nikonから去年でたZ9というカメラを買い換えまして、

年明けに新宿副都心を散歩しながら撮影してまいりました。

新宿のビル群を超広角で撮影してきましたが、Zレンズの描写に脱帽してます。

最後の3カットは秋葉原で古いレンズで撮影してみました。

今後もZ9で撮影した画像を公開していきます。

 


この記事の感想:0 件
2022/01/13

2022年サービスも元気にスタートしております。

今年も宜しくお願い致します。

今回はドアミラーの故障事例についてお話しようかと思います。

ドアミラーも時代と共に進化して、角度調整と折り畳みの電動化に始まり、

ウインカーの内蔵や曇り取り機能、後方車両の接近を知らせる機能等々...。

便利になるのはとっても有り難いのですが、

長くお使い頂く事で一部劣化や摩耗が発生し易い部位がございます。

それは折り畳み作業を請け負っている電動格納モーター(アクチュエーター)の部分です。

普段ドアミラーにはカバーが付いている為、中身がどうなっているかは見る事は出来ませんが、

それぞれの機能毎に構成部品が存在しています。

その中でも、格納動作は最も物理的な負担が大きく、最近はドアロック作動に連動して

折り畳む機能も付いているタイプが増えている事も影響して稼働回数も多くなります。

必然的に劣化、摩耗のリスクも増えていきます。それだけ頑張ってくれているパーツなのです。

何年、何回使用したら使用限界かは定義出来ないので、都度対応していくしかありません。

車種によって異なりますが、中身はこんな感じになっています。

電動格納機能が採用された当初はミラー丸ごとしか交換出来ず、

費用負担も大きかったのですが、現在は分割式になっています。

この写真では左下の部位がモーター部になります。

ここだけ交換出来るのは良い事ですが、中身を分解しないといけないので、

サービスマンはそこそこ大変です…。

新年早々楽しい話ではありませんでしたが、たかがミラー一つでも色々な仕事を

してくれていると感じて頂けたらと思います。

まだまだ寒い日が続きますが、安全の為に使える機能はフル活用して今年も快適な

カーライフをお過ごし下さい。

先日の降雪時の写真です。

雪は勿論、凍結に十分注意していきましょう!

 

 


この記事の感想:0 件
皆様こんにちは。
2021/12/22

N-BOXが新しくなりました。

 

1. オートブレ−キ機能が新しく加わりました。

信号待ちなどの停車中にブレ-キから足を話しても

停車状態を保てるオ−トブレ−キ機能です。

 

2. 電子パ−キングブレ−キ

今まではフットブレ−キでしたが、今回からはスイッチを引くだけで

簡単にパ−キングブレ−キが作動します。

 

3. 渋滞追従機能クル−ズコントロ−ル

先行車がいる場合は自動で加減速し先行車が停止すれば合わせて停止できる

渋滞追従機能が新しくなりました。

 

是非お店にご来店いただきましてご体感ください。

皆様のご来店おまちしております。


この記事の感想:0 件
スタッドレスの季節
2021/11/15

こんばんはサービスの松本です

秋から冬にかわるこの時期といえば

そうですスタッドレスタイヤです

雪が降ってからでは遅いです

履き替えはもちろん

スタッドレスアルミセットの購入

スタッドレスタイヤのみの交換等

どしどしお問い合わせ下さい!!

 

 


この記事の感想:0 件
2021/10/25

こんにちは!今回サービスよりタイヤについてのお話です。

まず下の写真をご覧ください。

タイヤの側面を写しています。何かおかしいところがあるのですが、お気づきになりましたか?

よ〜くみると写真中央部にタイヤが僅かに膨らんでるのが見えますでしょうか。

ご経験のある方もいらっしゃるでしょうが、段差を斜めに乗り上げたり、岩、木、杭等の出っ張りが見えずにかすめるように引っ掛けたりすると、この様な状態になる場合があります。

自覚なく乗り続けてしまう事が多く、点検時に初めて気付かれる方が多いです。

見た目で『まぁたいした事無さそうだし、買ってから半年で新しいし大丈夫かな?』

と自身で判断されがちなのですが、どうして膨らんでいるのかを考えれば

どーしたってアウトです!

次の画像は同じタイヤを外して裏側を撮影したものです。

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、中央やや右寄りに縦に筋状の亀裂があります。

現在のタイヤはチューブレスなので、ホイールとタイヤの間の空間は空気で満たされる事で

内圧により密着しています。瞬間的にタイヤの外側1か所に強い衝撃が加わり、

タイヤ内側が裂けてしまったので、部分的に強度が落ちて内圧で外側が膨らんでしまうのです。

タイヤの側面はとっても重要な役割を果たしていて、接地面(トレッド面)へのダメージよりも

深刻と考えた方が良いでしょう。日常点検をしっかり行い安全にカーライフを楽しみましょう!


この記事の感想:1 件
1
188件中 1 - 5件目 を表示中 次の5件